Menu

本研究室ではロバスト性と適応性を持つ次世代人工知能を開発している。現在の最先端人工知能は19x19の囲碁を学んでも、9x9の囲碁をプレイできない。画像認識は96%の精度を持っても、1ピクセルを変更することで、誤魔化される。つまり、ロバスト性と適応性が少ない。
人工知能は様々なメカニズムから成り立ち、本研究室は新たな知能メカニズムや新パラダイムを開発することで、ロバスト性と適応性を増やすことを目指している。
 URL:http://lis.inf.kyushu-u.ac.jp/postdoc_position.php (English only)

jp
Menu
1