発行日:2020.12.08

公開日:2020.12.22

物理法則に忠実なシミュレーションを行う人工知能

カテゴリー:インフォメーション

執筆:科学技術振興機構

神戸大学 大学院システム情報学研究科の谷口 隆晴 准教授、大阪大学 大学院基礎工学研究科の松原 崇 准教授らの研究グループは、人工知能を利用して、詳細なメカニズムや方程式が未解明の現象に対して観測データから物理法則に忠実なモデルを作成し、シミュレーションを行う技術の開発に成功しました。
今後、これまで詳細なメカニズムが不明だったためにシミュレーションが難しかった現象の予測が可能となり、また、シミュレーション自体も高速化されることが期待されます。
この研究成果は、2020年12月7日(米国太平洋時間)から開催された、人工知能技術に関するトップ会議である「Thirty-fourth Conference on Neural Information Processing Systems(NeurIPS 2020)」において、NeurIPS 2020投稿論文9454件、採択論文1900件のうち、上位約1.1パーセント、105件のみが該当するoral枠で採択され発表しました。