COVID-19

人工知能( AI )は 、治療薬開発、感染シミュレーション、遠隔環境整備など様々 な側面で新型コロナウイルス感染症対策にも貢献し得る、汎用的でかつ強力な技術です。

AI Japan 事務局では、人工知能(AI)研究に係る統一的な情報発信の第一弾の特集として、大学・公的機関 の会員に対して、新型コロナウイルス感染症対策に関連するAIの取組の調査を実施し、とりまとめましたので、以下の通り、その結果を公表します。

※2020年11月20日現在:24大学・機関、73件
(大学・公的研究機関の会員の皆様へ:追加すべき取組や内容を変更すべき取組がございましたら、事務局までご連絡ください。)

Updated:2020年11月20日

個別取組に係る分類リンク

(注)分類は、原則各大学・公的機関によるが、他の案件の類似するものは分類を寄せるなど、事務局判断にて分類の変更を行った。
実際の各大学・公的機関から登録のあった分類は、個票を参照。

感染把握~治療に対するAIによる支援

ゲノム分析

タンパク質分析・治療薬探索評価

診断予測・支援

知識取得・探索

検査支援

救急支援、最適化計画

感染症の伝搬抑制、人の社会的行動把握に対するAIによる支援

疫学・感染予測対応

感染シミュレーション

行動把握、行動変容

社会行動分析

遠隔環境整備に係るAI利用

教育、医療、介護、健康ほか

テレワーク、ビジネス

ロボット・遠隔環境整備

jp
Home
0