公開日:2020.05.29

感染症病床リソースを導入したウィルス感染症のマルチエージェントシミュレータの開発(日本大学)

発表内容の分類

・感染症対策に係る研究全般に対するAIによる支援

・感染症の伝搬抑制、人の社会的行動把握に対するAIによる支援

 

技術レベル

・既に技術を確立しており、産業利用の段階にある

・現在、研究開発中である

利用するAI 技術

マルチエージェントシミュレーション、機械学習

本研究では、マルチエージェントシミュレーション(MAS)によりウィルス感染症のパンデミックをシミュレーションを行なっている。既存研究と異なる点は、MASに感染症病床リソースという概念を導入したことで、医療崩壊を再現できる点にある。この研究により、病床がいくつあれば被害をどの程度抑えられるのか、シミュレーションできるようになっている。そのほか、緊急事態宣言に基づく外出自粛の効果なども検証することができる。

 

 担当研究室・研究者名及び連絡先

 日本大学生産工学部  マネジメント工学科大前研究室・大前佑斗

 oomae.yuuto[atmark]nihon-u.ac.jp